TOP > ほんのはなし > 製本実験室 > 思い出作りの手助け(アズマ綴じ)

HON-NO-HANASHIほんのはなし

アズマ綴じホロ―バックのアルバム

思い出作りの手助け(アズマ綴じ)

仕上がりサイズB5横長変形(縦198㎜×左右265㎜×厚さ22㎜)
綴じ方アズマ綴じ(アルバム製本 ※表紙と最初と最後の本文にベタ貼り)
本文10枚(ONボール2ミリ厚)
表紙DKホワイト 350g/㎡

こんにちは、突然ですが私、あまり写真を撮りません。
親が、よく写真を撮ってアルバムにして……とそういう思い出を大事にするタイプだったのと、兄弟が多いので我が家のアルバム数は結構多い方だったと思います。

しかし保存状態も余り良いとは言えず、一番上のを見返そうとすると結構色褪せてしまっていて……それはそれで時代を感じるのですが、思い出と言うなら出来る限りそのままの状態を保ちたいなぁと思った次第。

とは思うけれど、自分の性格をよく分かっているので多分写真を撮らないんだろうなぁとも。昔より簡単に保存が出来る時代なのに簡単に色あせていく光景が想像できます(笑)。

まぁ最近は簡単にデジタル化出来ますし、逆に昔のようなフィルムを使ったカメラを使う人は少ないのでは……
いやどうなんでしょう?写ルンですがまだ売られている辺り意外とフィルムもまだまだ現役なのかも知れません(最近CMで見た時はびっくりしました)。

ともかく昔と比べて簡単に写真が撮れるようになったので、ちょっとカメラ機能を使ってみようかなぁと思ったり思わなかったり。

さて、今回のおはなしはこちらです。

第9回製本実験

今回挑戦したのは台紙を使ったアルバムです。

開いてみると?

2ミリ厚程度の台紙を10枚綴じて、それに表紙をくっつけてカタチにしてみました。

10枚と少ないページ数ですが、その分厚みがあるのでかなり重厚感のある造り。更にこのアルバムの特徴は全てのページがフルフラットに開くことです。

開いた1枚目から最後のページまで、全てのページが見開きになるので特定のページだけ背表紙が開きにくい……ということもありません。なぜなら、これは背中がホローバックになっているからです。

ホロ―バックとは?

ホローバックとは、本文の背中と表紙の背中が接着されてない空洞の状態になっている様式の事を言います。ホローバックになっていないと本文が180度以上開く場合、背表紙に筋のような折れ線が入ってしまうなどの弊害も現れてしまいます。恐ろしい……。

ホローバックのおかげでこれだけパラパラと開いても背表紙への負担はかなり軽減されています。

やはりアルバムは長期で保存するものなので出来るだけ負担が掛からないようにしたいですね。

何ができる?

一昔前だと写真は現像して形に残すのが一般的でしたが今はデータとして残る時代、むしろそちらの方が主流になっている気がします。

そう考えるとアルバムも中々使われる事がないのかも知れませんが、それでも形に残したいと思うほど大切な写真に出会えたら、それもまた一つのキセキですよね。

他にもどこかに出かけた際のスクラップブックや、旅行に行った際に家族、或いは友達みんなで書き込めばそれだけでオリジナルの一冊が出来上がります。

この本がそんな想い出作りの手助けになれば嬉しいです。

いかがでしたでしょう?

今回はかなり厚めの台紙を使用しましたので、重厚感を感じさせる仕上がりになっています。

ホロ―バックで開きがよく、写真アルバムにぴったり。思い出の一冊にぜひ、採用してみてほしいです。

それでは本日はここまで、また次回のおはなしにてお会いしましょう。

お問い合わせ

特殊製本やデザインに関するご相談、新規の製本ラインのご依頼などお気軽にご相談ください

TEL : 048-299-9195

(受付時間10:00~18:00)