TOP > ほんのはなし > 製本実験室 > ~Book in Book4冊綴じ~(アジロ綴じ)

HON-NO-HANASHIほんのはなし

~Book in Book4冊綴じ~(アジロ綴じ)

~Book in Book4冊綴じ~(アジロ綴じ)

仕上がりサイズ縦200㎜×左右142㎜×厚さ17㎜(※1冊の中に厚さ4㎜の本が4冊綴じられている)
綴じ方アジロ綴じ
本文40p(b7トラネクスト 46/68.5k)×4冊
表紙ニューVマット K/93.5k

こんにちは。

少々いつもの飲み物に飽きてきたので、栄養ドリンク(仮)とコラボしたであろうスポーツドリンクを飲んでみたのですが……不思議な味でした。炭酸として飲み慣れた味が清涼飲料水に形を変えるだけでこうも違う顔になるのかと驚きましたね。

分かってはいたつもりですが、体験するとより理解が深まり次に活かせるチャンスが増える気がします。

さて、今回のおはなしはこちらです。

第6回製本実験

今回の本、閉じられた状態の外見からは至って普通の本に見えます。

どんな本?

実は、今回の本はBook in Book(ブックインブック)と言って、本の中にまた別の本が一緒に綴じられています。

よく参考書などで問題と解答が一つの本に綴じられていて、解答が取り外しが出来る本がありますよね。一般的に流通しているのが大体2冊(問題編と解答編など)のところ、冊数を増やして4冊にしてみました。

さすがに4冊全部を取り外す事はないでしょうが、案外必要ないと思っている事が実は必要だったという事もあったりするので要チャレンジです。

取り外してみると?

4冊を取り外すとこんな感じです。かなりしっかりしているので外した後も外側の部分はキチっと形を保っています。

しかしこういう取り外した後の抜け殻はどうしたものかと悩んでしまいますね。

捨てるしかないのか……それとも取っとておいて取り外した物をしまうのに使うのか……
1冊ずつだとバラバラしてしまうので、保管する際には元に戻すのがいいかもしれませんね。

何ができる?

今回は4冊ということで、もし本を作るとしたらなにか4冊ひとまとめの物を作ってみたいですね。

四季にまつわる本とか、ファンタジー的に四大元素。文明や宗教もあって夢が広がります。
4に拘らず3、あるいは5冊にしても良いなぁと思いましたが、冊数増やすとなると中身は薄くなっちゃいますか。

ん-むしろ初心者向けとしては丁度良い造りになるかも……?世界や歴史に目を向けるとその膨大な情報量に最初は物怖じしてしまうのでその取っ掛かりになりやすいよう最初はあっさりめの方がありがたい気もしますしね。

今回のおはなしはいかがでしたか?

中身が独立して取り外せるBook in Book。なかなか面白いですね。

1つの引き出しとして、本の製作の際に持っておいてもいいアイデアだと思います。

それでは本日はここまで。
また次回のおはなしにてお会いしましょう。

お問い合わせ

特殊製本やデザインに関するご相談、新規の製本ラインのご依頼などお気軽にご相談ください

TEL : 048-299-9195

(受付時間10:00~18:00)