TOP > ほんのはなし > 製本実験室 > 全長5m超!パノラマ風景や絵画に使える蛇腹製本

HON-NO-HANASHIほんのはなし

蛇腹製本

全長5m超!パノラマ風景や絵画に使える蛇腹製本

仕上がりサイズB4変形(縦310㎜×左右240㎜)
綴じ方蛇腹製本(12山)
本文22p(上質紙しらおい 四六55㎏)
表紙色上質 特厚 ブルー

皆さんこんにちは。

突然ですが、本の内容って様々ですよね。物語なのか、教材なのか、情報なのか、芸術なのか…

また、表現方法は活字だけとは限りません。絵だったり写真だったり手描きの書だったり…

今回も中々面白いものをつくりました。
本をつくる時、表現方法に合わせてぜひ採用してみてほしい製本技術です。

それでは、今回のおはなし、まいりましょう。

第38回製本実験

爽やかなブルーの表紙…

至って普通、今回はシンプルな本のようです。

開いてみると?

この何の変哲もない本。開いてみましょう。すると…… なんと、本文が繋がっています!
実は今回の試作品、製本ですが綴じていません。全ページが繋がっており、蛇腹状になる製本形式を用いています。

どんな本?

お坊さんが読むお経本、あれがまさにこの蛇腹製本です。通常の製本のように本の背で綴じられているのではなく、数枚の紙が繋がって一冊の本ができています。下のイラストのような感じですね。

蛇腹製本

このイラストは蛇腹の山が6山ですが、今回製作したものは12山、全部で24面、ですので全部広げると240㎜×24面=5m76㎝にもなります。

お経本でこれだけ大判なものは通常ありません。大体お経本のサイズは、A4やB5サイズを縦に半分に割った、縦に細長いサイズが多いです。

今回はB4近くある大きな判型です。B4サイズは、B5サイズの2倍の大きさです。新聞に折り込まれるスーパーなどのチラシを思い浮かべていただけるといいと思います。

何ができる?

例えば最近よく見かける、パノラマ写真や風景写真の本に採用できそうですね。これぐらい大判なパノラマ写真集があっても面白そうです。

スケール感を表現する細長い絵画やイラスト、書などをインテリアとして飾ってみるのも良さそうです。
また、持ち運びができる蛇腹のボードゲームのようなもの、そんな展開もあるかもしれません。

今回の本体に使った用紙はとても薄い紙でしたが、もっとコシのある紙でしっかりとした作りにしたら、用途が広がるかもしれません。

さて、今回のおはなしはいかがでしたか?

これだけ広い(長い)キャンバスがあれば、いろんなものを描けて表現の幅も広がりますね。
ぜひ、皆さんの想像力で、色々アイデアを膨らませてみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回のおはなしでお会いしましょう。

お問い合わせ

特殊製本やデザインに関するご相談、新規の製本ラインのご依頼などお気軽にご相談ください

TEL : 048-299-9195

(受付時間10:00~18:00)