19 4月 2015

栄久堂フェイスブックページ開始

インフォメーション, 栄久堂のブログ 栄久堂フェイスブックページ開始 はコメントを受け付けていません。

最近、栄久堂でもフェイスブックを始めました。

写真のアップや投稿などブログより簡単なのが魅力的ですね。

過去に製本した案件の実績集やその他、写真を含むような投稿、

日々の作業の中のちょっとした気づきなどアップしていきます。

ブログ同様、週一位で更新していきますので、よろしくお願いします。

https://www.facebook.com/eikyudo

14 4月 2015

坊主抜き

栄久堂のブログ 坊主抜き はコメントを受け付けていません。

今回は特殊製本ではなく、弊社の設備についてご紹介します。

最近では、スリップの坊主抜きで刷本は多面付きが多く、型で一気に抜いてしまいますが、

弊社にあるのはこの機械。

 坊主抜

スリップも何万部もあれば、型で一気に抜いたほうがコストは抑えられますが、

型代も安いものではありません。

数百~数千部なら手動のコチラならコストが安いはず!?

 

スリップと

06 4月 2015

弊社出版物「南三陸町からの手紙」シリーズ

インフォメーション, 栄久堂のブログ 弊社出版物「南三陸町からの手紙」シリーズ はコメントを受け付けていません。

東日本大震災の一年後から弊社で毎年発行している「南三陸町からの手紙」シリーズの4冊目がようやく完成します。今年はタップダンスを通じて南三陸町を支援されている団体(Power of Tap)の皆さんと全国4カ所のライブツアーに同行して販売していきます。

 (東日本大震災復興チャリティータップライブ “Power of Tap”)の詳細はこちらまで

アマゾンでも購入できます。
23 3月 2015

「小」製本

実績, 栄久堂のブログ 「小」製本 はコメントを受け付けていません。

「大」続きの特殊製本をご紹介してきましたが、今回は「小」の製本をご紹介します。

A6正寸(タテ148×ヨコ105㎜)を、2丁製本で製本されているところが多いとは思いますが、

弊社では、2丁では無く、普通に三方断裁で対応しております。

 さらに加えて、弊社ではタテ148×ヨコ100㎜も三方断裁で対応しております。

平断裁での仕上よりも時間とコストを押さえられると好評を頂いております。

 小口100mm

14 3月 2015

これぞ、正に手製本!

栄久堂のブログ これぞ、正に手製本! はコメントを受け付けていません。

段々と寒さが薄くなり、暖かい日が少しづつ増えてきたように思います。
近所では「さくら祭り」の準備が進んでおり、我が家では娘の卒業式と入学式が控えています。

ところで先日Facebookを見ていたら、最初から最後まで手で
一冊の本を作る動画が公開されていました。

グーテンベルクが発明した活版印刷が主流の時は、
この動画のように一冊一冊手で作られていたんでしょうね。

栄久堂でも機械作業ではありますが、このように一冊一冊に心を
込めて製本するよう心がけています。

07 3月 2015

大厚束幅本

栄久堂のブログ 大厚束幅本 はコメントを受け付けていません。

前々回、前回と大型本をご紹介しましたので、
今回も「大」繋がりの特殊製本をご紹介します。
仕上がりはA4のタテ本ですが、
束幅はなんと「60.85㎜」!!
この大厚束幅本ですが、年に1回のご依頼で、3年連続で頂いております。

弊社ではオンデマンドの刷本にも対応しておりますので
1冊~の製本もお受けしております。
(但し、機械のセッティングの為、刷本予備は多めにお願いします。)

untitled

 

02 3月 2015

大型サイズの作品集(2)

栄久堂のブログ 大型サイズの作品集(2) はコメントを受け付けていません。
ここ最近は、日中の気温の暖かい日が少しづつ増えてきたような気がします。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
今回は前回ご紹介しました大型本の作り方を、少しではありますがご案内します。
まず最初に四六全判の用紙を二つに折ることから始めました。今回の本文はお客様の方で印刷をされましたが、一枚づつしかありませんので、間違いは許されません。シワ、汚れ、曲がりなどが起きないよう十分注意を払いながら、二つ折りにしました。
次に本文を揃えて仮綴じします。うまく綴じる為にはうまく揃えなければなりません。揃えると言っても、通常のA4サイズ程度の用紙を揃えるとはわけが違います。体全体を使って揃えます、そして次は仮綴じ。二つに折った袋になっている方を揃えて反対側を断裁します。そして紙がズレないようにクリップで止め、糊付け仮綴じします。
次に表紙を作ります。通常2〜3ミリ厚のボール紙を使用しますが、今回は大きさが大きさなだけに5ミリ程度の合板ベニアを使いました。糊を使うので、反る可能性があることも懸念してのアイデアです。合板全体に糊を付けクロスを貼ります。通常は貼り付けた後のプレスは機械でするのですが、さすがにこの大きさまでのプレス機械は無いので、パレットの上に500キロぐらいの重しを乗せて一晩置いてプレスしました。さすがに一晩置いておくと糊のつきも良く、とても出来の良い本に仕上がりました。
やはり大きな本は良いですね。
紙面が大きいですし、一ページずつページをめくる動作の中で一ページずつの内容を噛み締めながら、そして映像もしっかり脳に焼き付いていきます。リアルな本はこの一ページずつページをめくる動作が良いですね。
16 2月 2015

大型サイズの作品集

栄久堂のブログ 大型サイズの作品集 はコメントを受け付けていません。

毎日寒い日が続いてますが、皆さん風邪など引かれてないでしょうか。

弊社では先月、このシーズンならではの、学生の方の卒業へ向けての作品集製作をお手伝いさせていただきました。お客様は美大生で、卒業へ向けて今までデザインされた洋服のイラストをまとめて、作品集にしたいというご要望でした。しかしその希望されている作品集の大きさがハンパではありません。 縦の長さが730ミリ、横の長さが515ミリ、業界の方はご存知かと思いますが、いわゆる四六判半裁より少し小さいサイズです。しかもすべての本文を袋とじにしたいというのです。何から何まですべての作業が手作業です。しかも一枚づつの印刷物から一冊の本を作り出すのです。失敗は許されません。とてもプレッシャーを感じましたが、最後にはお客様の笑顔でとても達成感を感じられたお仕事となりました。

次回は制作工程をご紹介します。

13 6月 2012

チョッと肌寒い~。

栄久堂のブログ チョッと肌寒い~。 はコメントを受け付けていません。

6月になり、梅雨シーズンに突入しましたね!私たち、紙を扱う製本業は印刷物の引取りや出来本の納品時に濡れないよう一段と気を使うシーズンです。なのでドライバー泣かせの「JUNE」♫な訳です。 なんかこんなタイトルの歌がありそう(笑) 6月と言えば梅雨=紫陽花を連想してしまう筆者ですが、皆さん、紫陽花の花ことばって・・・ご存じですか?

ナント「移り毛、浮気、無情・・・」と言われたい放題ですが、猛暑が訪れ

 

18 5月 2012

5月病・・・

栄久堂のブログ 5月病・・・ はコメントを受け付けていません。

 

みなさ~ん!!連休も終わってしまい5月病になっていませんか?みなさんはどんな連休を過ごされましたか!?私は以前から計画を立てていた、TVで放送された関東最大級の金運のパワースポット(秩父の和銅開珎)へやっと行くことが出来ました。花園I,Cを降りたとた

ん、空は一面黒色になり、雷が響き、秩父へと進む道のり、激しい雨が車に打ち付けてましたが、目的地に着いたら嘘のように雨が止み晴れ渡りました。(さすがパワースポット!!)豪雨のせいで山からの清水がわんさか流れ出し遊歩道の地面は泥だらけでしたが、なんとか拝むことが出来ました。その足でこれまた最大級の芝桜を見てきました(こちらも大変有名ですよ) この芝桜のように鮮やかに元気よく5月をのりきりたいです。

「ムヤムヤ~モヤモヤ・・・飛んでいけぇー(^-^)」