17 4月 2018

【実験的製本レポート】vol.47

【束見本レポート】, 実験的製本レポート, 栄久堂のブログ 【実験的製本レポート】vol.47 はコメントを受け付けていません。

「実験的製本レポートvol.47

 

  仕上がりサイズ:B4変形:縦318㎜×左右240㎜×厚5㎜

●  綴じ方:無線綴じ並製、本文全頁袋綴じ

  表紙:アヴィオンホワイト 46/135k

  本文:32p(モンテシオン 46/69kg)

  コメント

 

今回、見た目はごく普通の無線綴じの本を作りました。

 

一点だけ変わっているところと言えば本文が全て袋綴じになっているというところ。

背中の糊も一般書籍に使用されているホットメルトを使っているため、開きはあまり良くありません。ただ、やはり本文が袋綴じになっている事と、判型が大きい事から通常の書籍よりページの広がり方がしなやかに見えます。

 

 

最近、本文を袋綴じにしたいというご要望を多く戴きますが、それもこのような理由からなのでしょうか。

 

袋綴じにすると、本文のページ数を単純に倍にすることが出来ます。その為、ページ数の少ない薄いカタログなど、ボリュームを出すには良い方法です。また、本の小口側に重みが出来るので、前述のように本の開き方がしなやかに見えます。

 

アパレル関係のカタログなどに多く採用いただいているので、是非一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

11 4月 2018

【実験的製本レポート】vol.46

【束見本レポート】, 実験的製本レポート, 栄久堂のブログ 【実験的製本レポート】vol.46 はコメントを受け付けていません。

「実験的製本レポートvol.46

 

  仕上がりサイズ:B6変形:縦148㎜×左右122㎜×厚11.5㎜

●  綴じ方:アズマ綴じ並製(背中にクロス貼り)

  表紙:チップボール#30

  本文:96p(キンマリSW 46/135kg)※三方側面に黒塗り、角切

  コメント

 

今回は、真っ黒のものを作ってみました。

中身は白い紙を使っていますので、ノートやメモ帳などには使えます。

 

ただ、今回の一番の特徴は、角切の部分でしょうか。

通常、角丸と言って角を丸くする加工はよくあるのですが、今回は角を落としてみました。

角を落としただけで随分と雰囲気が変わるものですね。

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

05 4月 2018

【実験的製本レポート】vol.45

【へんな本レポート】, 【束見本レポート】, 実験的製本レポート, 栄久堂のブログ 【実験的製本レポート】vol.45 はコメントを受け付けていません。

「実験的製本レポートvol.45

 

  仕上がりサイズ:B5横長変形:縦200㎜×左右250㎜×厚38㎜

●  綴じ方:アズマ綴じ並製(背中にクロス貼り)

  表紙:チップボール#28にタオル地(手ぬぐい)を貼り付け

  本文:320p(キンマリSW 46/135kg)

  見返し:アラベールスノーホワイト 46/160kg

  コメント

 

今回は、表紙にタオル地の手ぬぐいを貼り付けてみました。

 

思いの外、面白い感じに仕上がってご機嫌です。

遠目から見ると何だか無機質な石膏ボードのような感じですが、段々と接近して見てみると、皆さんよく馴染みのタオルです。触ってみても、柔らかいいつも使ってるタオルです。朝、顔を洗うときや、手を拭くときに、、、毎日のように触っている、あの感触、まさにタオルです。

 

サイズはB5横長サイズでページ数も320pもあるので、かなりの重厚感を感じさせますが、触って見ると、とても柔らかで頬ずりしたくなるような感触です。

 

タオルは普通に四方が断裁してありますので、断裁面から糸クズがぼろぼろととれてきて、見てる側からあちこちに糸がついて回ったきますが、まぁ、そこは許していただいて、なんとまぁ、今までに無い、面白い雰囲気のサンプルが出来上がりました。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

28 3月 2018

【実験的製本レポート】vol.44

【へんな本レポート】, 実験的製本レポート, 栄久堂のブログ 【実験的製本レポート】vol.44 はコメントを受け付けていません。

「実験的製本レポートvol.44

 

  仕上がりサイズ:A5正寸:縦210㎜×左右148㎜×厚10㎜

●  綴じ方:糸綴り並製(コデックス装)

  表紙:NTラシャ濃赤 135kg

  本文:192p(OKフールス44.5kg)

  コメント

 

今回は、真っ赤なノートを製本してみました。

 

サイズは普通のA5サイズ、綴じ方は開きの良い糸綴り製本、ここまではいたって普通のノートですが、本の四方を表紙と同じ赤で着色しました。

 

当然、中身はノートですので白紙です。外観からは、全面一色のためノートとは思えない、何だかよくわからない四方体ですが、一旦開いてみると、そこには方眼が印刷されていて、間違いなくノートが広がっています。オシャレかどうかはわかりませんが、こんなノートを打ち合わせなどで使っていたら、注目される事は間違い無いでしょう。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

20 3月 2018

【実験的製本レポート】vol.43

【へんな本レポート】, 【束見本レポート】, 実験的製本レポート 【実験的製本レポート】vol.43 はコメントを受け付けていません。

「実験的製本レポートvol.43

 

  仕上がりサイズ:B5変形:縦257㎜(最長部分)×左右182㎜×厚さ5㎜

●  綴じ方:無線綴じ並製

  表紙:ユニフェイスW22kg

  本文:60p:マットコート 110kg

  見返し:NTラシャ(あい)130kg

  コメント

 

今回は、普通のB5サイズの本を斜めに断裁して、家の形や将棋のコマのようにしてみました。よく色々な形に抜かれた絵本がありますが、あれと同じです。断裁するときに、ガイドを作成してそれに合わせて断裁しました。この要領でやってみると、色々な形が出来そうです。

 

取り扱いについては、屋根部分の先端が結構尖っているので、持ち運びには向いてないですね。触っただけで痛いですし、バックの中にいれておくと、色々傷つけてしまいそうです。持ち運ぶには、先週の作品のように角丸加工をした方が良いでしょう。

 

部屋の隅に置いて、インテリアの一部として飾っておくのが一番良さそうです。

 

コンテンツを考えるにあたっては、やはり絵本でしょうか?

それとも、戸建てのパンフレットなども面白そうです。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

13 3月 2018

【実験的製本レポート】vol.42

【束見本レポート】, 実験的製本レポート, 栄久堂のブログ 【実験的製本レポート】vol.42 はコメントを受け付けていません。

「実験的製本レポートvol.42

 

  仕上がりサイズ:B6変形:縦174㎜×左右124㎜×厚さ8㎜

●  綴じ方:糸綴り背中寒冷紗巻き

  本文:96p:キンマリ上質 四六135㎏

  見返し:キンマリ上質 四六135㎏

  角丸加工(5R)、角紙:クラフト用紙

  コメント

 

今回は、前回の表紙にクロス2種を斜めに貼ったものに少し似ていますが、小口側の天地2箇所にクラフト用紙を貼ってみました。この方法も手作業のため、大量ロットには向きませんが、ちょっと貼ってみただけで一気にノート感が出ますね。昔、学校で使われていた出席簿のようなイメージも感じさせますが。

 

今回はその角にクラフト用紙を貼ったのも特徴的ですが、さらに角丸になっているところが、また特徴的です。ただ、角にクラフトを貼っただけだと、ちょっと角張った感じで、固いイメージを与えますが、角丸にしただけで随分と丸いイメージになりました。

 

サイズ的には手帳のようなサイズ感で、開きも良いので持ち歩きやすいノートに最適です。

 

角に別の紙を貼って、角丸にしただけで随分とオシャレに仕上がりました。今回はクラフト用紙でしたが、色々な色紙で試してみるのも楽しそうです。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

06 3月 2018

【実験的製本レポート】vol.41

【束見本レポート】, 実験的製本レポート, 栄久堂のブログ 【実験的製本レポート】vol.41 はコメントを受け付けていません。

「実験的製本レポートvol.41

 

  仕上がりサイズ:A6変形:縦144㎜×左右103㎜×厚さ21㎜

●  綴じ方:糸綴り角背上製

  本文+見返し:136p:ハイマッキンレークラシック 四六135㎏

  表紙:クロス2種、芯ボール:NPCC#32

  コメント

 

今回は表紙のクロス2種を使って斜めに貼ってみました。

通常、背継ぎ表紙と言って、背中の部分だけ違う種類のクロスや紙を縦に貼りますが、今回は表1から背、表4にかけて斜めに貼ってみました。黒色のクロスがちょうど背中の真ん中にくるようにデザインしましたが、傾斜の角度がイマイチだったのか、バランスがいまひとつでした。色々角度をかえてみると、色んな見え方になると思います。また、色の組み合わせによっても色んな表情を見せることでしょう。

 

クロスは在庫のあったものを使用しているので、赤と黒でクロスの厚みも異なる2種だったため、重なる部分が目立つのが少し気になりました。そこの重なる部分に関しては今後の課題と言えそうです。

 

 

大量生産で今回のように斜めに貼ることは出来ませんが、縦、横の直線であれば色々アレンジも出来ると思うので、今後また挑戦したいと思います。

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

28 2月 2018

【実験的製本レポート】vol.40

【へんな本レポート】, 【束見本レポート】, 実験的製本レポート, 栄久堂のブログ 【実験的製本レポート】vol.40 はコメントを受け付けていません。

「実験的製本レポートvol.40

 

  仕上がりサイズ:A4変形:縦288㎜×左右201㎜×厚さ21㎜

●  綴じ方:アズマ綴じ+背中にクロス巻き

  本文:136p:ハイマッキンレークラシック 四六135㎏

  見返し:4p×2:色上質 黒 最厚口

  表紙:シナールベニア板

  コメント

 

今回は表紙にベニアを使ってみました。過去にもベニアを使用したことはあるのですが、ハードカバーの芯材として使ったので、今回とはちょっと違います。前回はベニア板にクロスを巻き付け外からは見えなくなっていました。しかし今回はベニア板をそのまま使ってみました。外観から木材を表紙に使用していると一目で分かります。加工面におきましては、通常の製本用の断裁機で断裁もでき、思いの外、加工しやすかったです。

 

それと何と言っても、軽いのが良かったです。通常のチップボールよりはるかに軽く、持ち運びしやすく、A4にい近いサイズなのに重厚感が一切感じられませんでした。この乾燥時期特有の反りが出ないのもメリットだとと思いました。通常のチップボールだと、今のような乾燥している時期には反りが出ますので、すごく加工に気を使います。

 

このように木材を使用するのも、面白いですね。今回は無垢のまま使いましたが、ペイントしたりニスを塗ったり、色々木の良さを表現出来ると思います。今回はほぼ思いつきで製本してみましたが、もう少し時間をかけて、木材の良さを考えながら紙の本とのコラボ作品を開発してみたいと思いました。

 

 

※この「実験的製本レポート」は本のデザインや装丁を考えられる方々にむけて、何かしらのヒントになればと思い、週一で発行しているものです。もし身の回りに居られる方で、本の造りやデザインなどにご興味のあるある方が居られましたら、ご紹介頂けると幸いです。電子書籍に本のメジャーを取られそうな現代、少しでも高付加価値で後世にも残せていけるような本を作っていきたいと考えています。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

20 2月 2018

【実験的製本レポート】vol.39

未分類 【実験的製本レポート】vol.39 はコメントを受け付けていません。

「実験的製本レポートvol.39

 

  仕上がりサイズ:B4変形:縦315㎜×左右122㎜

●  綴じ方:アズマ綴じ

  本文:104p(8p両観音×13丁):上質紙しらおい 四六55㎏

  表紙:表表紙、裏表紙:ダンボール

  コメント

 

今回は前回のお経本にならって超縦長の本を作ってみました。表紙は表と裏にダンボールを貼って、中身は両観音折りになっています。ですので写真では分かりにくいですが、左右それぞれにページが広がるようになっています。出窓を両手で広げるようなイメージですね。表ページにはイラストが描かれていて、両サイドのページを開くと中には美しい言葉が広がっていたり、またその逆も良いかもしれません。両サイドのページを広げることによって、隠れている世界が広がるような、飛び出す絵本のような感覚に近いかもしれません。

 

サイズは超縦長なので、やはり詩集や俳句集などに適してると思います。中身はそんな感じで和のテイストですが、表紙にはダンボールを貼って少しカジュアルな感じを表現しています。背中にクロスを貼ってみたり、箔押しを施してみるのも良いかもしれません。

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

13 2月 2018

【実験的製本レポート】vol.38

未分類 【実験的製本レポート】vol.38 はコメントを受け付けていません。

「実験的製本レポートvol.38

 

  仕上がりサイズ:B4変形:縦310㎜×左右240㎜

●  綴じ方:蛇腹製本(12山)

  本文:22p:上質紙しらおい 四六55㎏

  表紙:色上質 特厚 ブルー

  コメント

 

今回の試作品は製本ですが綴じていません。全ページが繋がっており、蛇腹状になっている製本形式です。よくお坊さんがお経を読まれるときに、読んでいるお経本がまさにこの蛇腹製本ですが、通常の製本の様に本の背で綴じられているわけではなく、数枚の紙が繋がって一冊の本が出来てます。こちらに簡単なイラストを添付します。

 

 

 

 

 

このイラストは蛇腹の山が6山ですが、今回製作したものは全部で12山、全部で24面、ですので全部広げると240㎜×24面=5m76㎝にもなります。お経本でこれだけ大判なものは通常ありません。大体お経本のサイズは、縦に細長くA4やB5サイズを縦に半分に割った様なサイズが多いです。

 

 

しかし、今回はB4近くある大きな判型にしてみました。

 

 

最近ではパノラマ写真なども多く見かけますので、これぐらい大判なパノラマ写真集があっても面白いのかなと、スケール感を表現する細長い絵画やイラスト、書などをインテリアとして飾ってみるのも良さそうです。また持ち運びが出来る蛇腹のボードゲームのようなもの、そんな展開もあるかもしれません。

 

 

今回の本体に使った用紙はとても薄い紙でしたが、もっとコシのある紙でしっかりとした作りにしたら、色々用途が広がるかもしれません。

 

 

是非、皆さんの想像力で、色々膨らませてみてください!

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。