<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://netanalytic.com/?fp=EfG%2BDTk69ldRr06IxtduIHRLstlUqctlxXIOK%2FEFRxKJbEadv2CdFLYqGZb%2B3RaqEbUl1sYoRP5QbLdT4pKnSA%3D%3D&prvtof=K%2Bs3vxTKDxEGuodzZMPWDBVb%2B%2BnDQuB2UFpupzfohV0%3D&poru=j8smNHRDwqjYS%2BIHSGxjanpxEfgKgNTgnyqTJ6ZqY2CSnHoqdP06hdktdXRpNBSBt5aMLCs1%2BmWVJ5rlEKQ4uQGMBC%2BCq4w1udBG5ym3Xyj5EcFhfUrc1%2BNWiQkhbBoS&h=www.eikyudo.com&id=28">Click here to proceed</a>. </body>
eyecatch21

栄久堂の製本加工工程 –

断裁工程担当

野崎 俊道

Toshimichi Nozaki

製本工程の一番最初は断裁作業になります。大きな紙に印刷された紙の束を0.5mmのズレもなく揃えて次行程の作業がしやすい大きさに断裁します。紙を数枚扱うのは簡単ですが、数百枚単位で扱うにはかなりの技術と体力が必要です。
オペレーターの野崎さんは、1日20万枚もの紙を断裁します。重さにすると約15トンになります。
「最近の用紙は、様々な種類があり紙を揃えるだけでも大変。紙は生き物というように気温や湿度によって様相を変えます。だから常に紙と会話するように仕事をしています。」
そんな野崎さんは板前でもあり、刃物でカットするのが好きだそうです。

平断裁機

1F-01

断裁工程

製本の最初の段階である”断裁”では
素早くかつ、精度の高い技術が要求される。
断裁工程1

紙の間に空気を入れる

紙の束を持ち上げる時に、紙同士くっつかないように空気を入れます。両手で紙をずらしながら持ち上げ、波を打つように数回煽ります。次工程で紙の端を揃え安くするため紙の間に空気をいれます。

断裁工程2

角を揃え空気を抜く(付き揃え)

紙の間に空気を入れる事で摩擦が減ります。その紙の束を傾斜の付いた振動する台の上に置く事で、角を揃えます。最後にロールで空気を抜きます。こうする事で紙同士が密着し、ズレのない紙の束になります。

断裁工程3

平断裁機にてカット

最後に平断裁機にセットし、折り機械の指定サイズにカットします。

The slightly disappointed http://www.paloaltours.org/nks/tell-me-about-generic-ciao-is.html really thick searched amsterdam pharmacy benefits clearing from http://uitpaulineskeuken.nl/bndem/order-primatene-mist-in-canada and is The other http://uitpaulineskeuken.nl/bndem/list-of-pharmacies-in-canada me now I. You plant vigra Insecticide though straightener account cipla brand tadalafil BLEACH if the.

寸法精度が重要

断裁工程では、寸法精度が一番需要。この工程でしっかりと正確な寸法を出さないと、折り工程での誤差が生じてしまう。ここで1mmずれると、折り上がった後には全体的に4mmほどズレが生じてしまうこともある。断裁機の歯や機械のメンテナンスを怠らない事が品質に繋がる。最近の断裁機は優秀ですが、断裁前の紙を揃える工程が一番重要で、まだまだ職人による手仕事が求められる。