05 9月 2018

【実験的製本レポート】vol.62

【へんな本レポート】, 【束見本レポート】, 実験的製本レポート, 栄久堂のブログ 【実験的製本レポート】vol.62 はコメントを受け付けていません。

「実験的製本レポートvol.62

 

  仕上がりサイズ:B5正寸:縦257×左右182×厚15    

●  綴じ方:アジロ綴じ並製

  表紙:ヌバテックス+アートポスト220kを表裏合紙

  本文:96p:上質紙 46/70k

  本文(中綴じ):16p×2:上質紙 46/110k

  コメント

 

 

皆さん、こんにちは。

 

今回の案件は、過去に製本したものに似ていますが、ブックインブックと呼ばれる製本スタイルです。

 

参考書や問題集などでよく採用されていますが、一緒に綴じてある一部の本が取り外し可能になっているものです。

 

例えば問題集だと解答部分だけが取り外し可能になっていたりします。

 

今回はそのスタイルで製本してみました。

 

ただ、巻頭と巻末の両方にそれぞれ中綴じ(ホチキスのような針金で綴じてあるもの)がセットされています。

 

もちろん両方とも取り外しが可能になっています。

 

どんなコンテンツに相応しいか、なかなかアイデアが出てきませんが、巻頭と巻末に取り外し可能な冊子があることによって何か便利になったり、役立つコンテンツがあるような気がします。

 

今回はいつもよりちょっとインパクト弱めですが、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

少しでも何かのヒントになれば幸いです。