29 8月 2018

【実験的製本レポート】vol.61

【へんな本レポート】, 【束見本レポート】, 実験的製本レポート, 栄久堂のブログ 【実験的製本レポート】vol.61 はコメントを受け付けていません。

「実験的製本レポートvol.61

 

  仕上がりサイズ:B6変形:縦168×左右95×厚18

●  綴じ方:アズマ綴じ並製+背中にクロス巻き

  表紙:#20チップボールにビニールクロスを合紙

  本文:48p×2冊:(仮)粗目紙 厚さ/未明

  コメント

 

 

こんにちは。

 

今回も非常に凝った作品です。

 

1冊の本で前半部分と後半部分で開く向きが逆になっています。

 

前半が右開きだとすると後半が左開きです。

 

用途としては、どんなものがあるか想像しにくいですが、例えば前半は英語で後半は日本語で書かれている読み物だったり、とにかく本をひっくり返さないともう片方が読めないという仕組みになっているので、何か同じシリーズでバージョン違いの2冊を一つにするといった感じですね。

 

パッと見ですと、作りがどうなってるか良くわかりませんが、上から見ると良くわかります。

 

Z型になっていて前半と後半部分の違いが良くわかると思います。

 

背中にはクロスが貼られていて、本の開きもとても良く出来ています。

 

今回は実用性に欠けるところもありますが、何らかのヒントになれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。