15 5月 2018

【実験的製本レポート】vol.50

【束見本レポート】, 実績, 実験的製本レポート, 栄久堂のブログ 【実験的製本レポート】vol.50 はコメントを受け付けていません。

「実験的製本レポートvol.50

 

  仕上がりサイズ:B6変形:縦196×左右137×17

●  綴じ方:アズマ綴じ、ドイツ装

  表紙:NPCC#20と銘柄不明の用紙を合紙

  本文:72(サテン金藤 46/135kg)

  コメント

 

今回は本の背中に2種類のクロスを貼ってみました。上と下の部分で2種に分かれています。共に鮮やかな色なので、境界線がハッキリとしていて、なかなか面白いと思いました。今回はちょうど真ん中が境界線になるように貼りましたが、比率を変えても面白そうです。また、2種ではなく3種、4種と増やすのも良さそうです。

 

綴じ方はアズマ綴じ、いつものように180度まで開くフルフラット製本です。サイズはちょうど手のひらに収まるB6変形です。私はこのサイズのノートが一番好きです。

 

制作においては、背中のクロスが重ならないように貼ることが求められますので、手作業ですが、曲がったりしないように気をつけました。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

何かのヒントになれば幸いです。