20 2月 2018

【実験的製本レポート】vol.39

未分類 【実験的製本レポート】vol.39 はコメントを受け付けていません。

「実験的製本レポートvol.39

 

  仕上がりサイズ:B4変形:縦315㎜×左右122㎜

●  綴じ方:アズマ綴じ

  本文:104p(8p両観音×13丁):上質紙しらおい 四六55㎏

  表紙:表表紙、裏表紙:ダンボール

  コメント

 

今回は前回のお経本にならって超縦長の本を作ってみました。表紙は表と裏にダンボールを貼って、中身は両観音折りになっています。ですので写真では分かりにくいですが、左右それぞれにページが広がるようになっています。出窓を両手で広げるようなイメージですね。表ページにはイラストが描かれていて、両サイドのページを開くと中には美しい言葉が広がっていたり、またその逆も良いかもしれません。両サイドのページを広げることによって、隠れている世界が広がるような、飛び出す絵本のような感覚に近いかもしれません。

 

サイズは超縦長なので、やはり詩集や俳句集などに適してると思います。中身はそんな感じで和のテイストですが、表紙にはダンボールを貼って少しカジュアルな感じを表現しています。背中にクロスを貼ってみたり、箔押しを施してみるのも良いかもしれません。

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。