30 1月 2018

【実験的製本レポート】vol.36

【へんな本レポート】, 【束見本レポート】, 実験的製本レポート, 栄久堂のブログ 【実験的製本レポート】vol.36 はコメントを受け付けていません。

「実験的製本レポートvol.36

 

  仕上がりサイズ:A4正寸:縦297㎜×左右210㎜×厚さ16㎜

●  綴じ方:アズマ綴じ+広開本並製

  本文:紀州色上質 水色 最厚口×13枚、大昭和板紙スノーボード×14枚

  表紙:気泡紙295k

  コメント

 

今回の外観は何の変哲も無いA4サイズの本ですが、本文を額縁風に窓抜きしてみました。たまにアルバムのようなもので、このように窓抜きされているものがありますが、ここまで大きな窓は珍しいかと思います。今回は特に写真を用意してないので、額縁との違いが分かりやすいように、一枚ずつ交互に色紙を綴じてみました。

 

随分と大きい窓でしょう?!

 

実際はこの色紙に写真を貼ったり、ちょっとした立体物も良いかもしれません。例えば、押し花とか、、、額縁の紙が厚さ1ミリ程度ありますので、その程度の厚さの物までは大丈夫です。

 

昔、本の形をしたジュエリーボックスってありましたよね?

 

今回の本もそれに近いものがあるかもしれません。何だろう、すごく大切な物とかずうっと大事に取って置きたいものなど、思い出の写真と一緒に本として綴じられていたら、素敵でしょうね。本棚に隠れた宝箱といった感じでしょうか。

 

綴じ方は最近毎度のアズマ綴じ+広開本仕様、今回のような厚紙、板紙でも表紙の背中と接着していないホローバック方式なので、このように非常に良く開き、本文も180度フルフラットになります。写真やちょっとした立体物などを挟んで見るには最適でしょう。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。