31 10月 2017

【実験的製本レポート】vol.26

【へんな本レポート】, 【束見本レポート】, 実験的製本レポート, 栄久堂のブログ 【実験的製本レポート】vol.26 はコメントを受け付けていません。

「実験的製本レポートvol.26」

 

  仕上がりサイズ:縦39㎜×左右30㎜×厚さ4㎜)

●  綴じ方:アズマ綴じ角背上製

  本文:32p(ピズムマット K/93.5k

  表紙:イルミカラーピンク46T/80k、芯ボール:特光黄板#14

  コメント:

 

今回は超ミニ本を製本してみました。縦が約4センチ、左右が3センチ、すごく小さいです。写真で普通に撮ってしまうとスケールが解りにくいので、タバコは吸いませんがライターと一緒に撮ってみました。どうでしょう? かなり小さいですよね。昔、折り紙の鶴で小ささに挑戦したことがありますが、今回も負けず劣らずです。

 

作り方としては、通常の製本方法と変わりませんが、やはりサイズが特殊なため大量生産には向きませんね。所々の工程で手作業が必要になります。それと何と言っても、最後の断裁作業が大変ですね。2メートル近くする刃で、こんな小さな本を切るわけですから、間違って手でも切ってしまいそうでドキドキでした。

 

用途についても考えてみましたが、キーホルダーや何か常に携帯するような場面には良いかもしれません。大切な人への手紙、常に読み返したい言葉、写真などを転写して、常に携帯するのが良いと思いました。とってもとっても小さい本ですが、何だかすごく存在感を感じた一冊でした。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。