23 6月 2016

最近の製本案件Part3「デコボコ本」

実績, 栄久堂のブログ 最近の製本案件Part3「デコボコ本」 はコメントを受け付けていません。

 

梅雨まっ最中で、今日も一日雨模様ですね。木曜ブログ担当の佐藤です。

 

 

今日はここ最近続いています「最近の製本案件」シリーズのPart3をご紹介します。

 

まずはこちらの写真をご覧ください。

 

 

IMG_0644 IMG_0645 IMG_0661 IMG_0662

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような本は今まで一度もお目にかかったことはないですよね?

 

何という製本方法なのか? 誰も知りません。。。

 

特別な呼び名は無いと思いますが、私達は「デコボコ本」と呼んでます。

 

本の背中の糊が丸出しで、デコボコしていて、決して綺麗な本では無いです。

 

糊はギザギザしていて触ると痛いぐらいです。

 

 

 

 

二点目も同じです。

 

こちらは写真集ですが、

 

IMG_0657IMG_0658

IMG_0660 IMG_0659

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも、まるでコンクリートの打ちっ放しのような、無機質で粗々しさが表現されてます。

 

写真もすべてモノクロなので、なんとなくアンダーグラウンド的なイメージを与えますね。

 

超尖った感じを表現するには、最適かもしれません。

 

 

 

ただし、、、作るのは簡単ではありません。

 

 

 

制作方法はお伝え出来ませんが、通常の製本に費やす時間の100倍位の時間がかかります。

 

 

 

世界に一冊だけの超尖った本を作りたい方は、いつでもご相談ください。