19 11月 2015

コデックス装

栄久堂のブログ コデックス装 はコメントを受け付けていません。

おはようございます!

木曜ブログ担当の佐藤です。今回は約束通り木曜日に発行出来て良かったです。やがては手が勝手に動いて、いつの間にかブログが書き上がってるぐらいになるよう習慣化出来ると良いと思ってます。

ところで、今弊社が関わっている製本の一つにコデックス装の案件があります。

コデックス装とは糸綴の背中がそのまま見えるように本を仕立てる仮製本様式。特徴として、本の開きがとても良くノド元まで開くため、手で押さえなくても開いたままの状態を保つことができます。そのため見開きページの多い本に適した製本方法とも言えます。また、背中の糸がそのまま見えるため、綴じ糸に色糸を使用したりしてお洒落に見せたりすることが出来ます。

今回はその製本方法で「Stock Member of Gallery Book」を製本しました。

「Stock Member of Gallery Book」は紙の専門商社・株式会社竹尾のショールーム、青山見本帖で行われた、新進気鋭のアートディレクター/ グラフィックデザイナー(青山見本帖「PAPER STOCK MEMBERS」)10名による、今年3/16(月)よりスタートした個展シリーズ「PAPER STOCK MEMBERS」の作品集。

青山見本帖 「STOCK MEMBERS GALLERY」展

こちらの作品集ですが、糸の色が青色なので糊をつけて艶が出ると非常に目立ちます。デザイナーさんからはこの不要な糸をどうしても切ってほしいとの事。一本づつ手作業で切っていくわけですから、それは手間仕事で大変です。でも出来上がりを見て、違いは歴然!おかげさまでデザイナーさんにも喜んでいただけて、私たちも大変な作業でしたが、とても充足感を得られた仕事になりました。

 

最近では、開きが良くおしゃれなイメージを表現するのに、コデックス装を採用されるお客様が増えてきております。一度お試しになりたい方は、是非弊社までご連絡ください。見積りはもちろん、今までのサンプルもたくさんご用意しております。

 

 

IMG_0050

IMG_0049