04 11月 2015

栄久堂 設備紹介 (トライオート編 その3)

栄久堂のブログ 栄久堂 設備紹介 (トライオート編 その3) はコメントを受け付けていません。

 

 

水曜ブログ担当の矢嶋です。(本当は月曜担当です)

 

引き続きトライオートの紹介です。

 

動画には映っていませんでしたが、カバーと帯が本へどのように掛かるかご説明しましょう

 

 

 

カバー供給部(上段)

カバー供給部(上段)

 

 

 

 

 

 

 

 

最初にカバー供給部です。

 

供給部に、5~10㎝位積み重ね、下から一枚づづ給紙します。

 

次に帯供給部です。

 

帯(腰帯)供給部 下部

帯(腰帯)供給部 下部

 

 

 

 

 

 

カバーと同じように、供給部に、5~10㎝位積み重ね、下から一枚づづ給紙します。

 

画像が逆さまでは?と思われますが、これで正解なのです。

 

カバーと帯の供給部の位置関係はこうなっております。

 

 

 

カバー・帯(腰帯)供給部

カバー・帯(腰帯)供給部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先程、ご紹介しましたが、それぞれの供給部の下から一枚ずつ給紙し、

 

次の工程である、カバー・帯折り込み部へと送られます。

 

 

 

カバー・帯 折り込み部

カバー・帯 折り込み部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カバー・帯折り込み部で水平に開かれた表紙にカバー・帯が一緒になります。

 

 

 

また同時にカバー・帯の両端が折られ、本に掛かるようになります。

 

 

A4~A6サイズまでの本にカバーと帯が掛けられます。

 

 

次回はスリップ(売上カード)の挿入部をご紹介します。